つながる語らい場

kataraiba.exblog.jp
ブログトップ

満たされるって…?

『 満たされるって…? 』


満たされるって、どんなことなんだろう。

心にわいてくる不満、不満足感。

足りないという気持ち。もっともっとほしいという気持ち。

これは何だ?

みんなは、どうしている?

―語りましょう。


…………………………………………………………………………

私は、物欲がある。それ以上に、もっと気持ち的なことで満たされたくて…。人に心配してもらいたい、愛してもらいたい。毎日が充実しているはずなのに、もっともっと望んでしまう。

Caféで学んできてわかったのは、人に求めているとキリがないけれど、自分で自分を認めてあげることが本当に必要なことなのかな、と。 

初めてこんな気持ちになった記憶は、妹が生まれた時。親の関心が、妹に移っちゃったように感じて。母に言うと、「あなたは妹が生まれるまで親を独り占めしていたのよ」と。

モーニング娘のコンサートに行った。お金がなくてグッズ売り場には寄らず。コンサートはとても楽しくて、グッズがなくても満たされた。モノがなくても満たされる。モノがほしいんじゃなくて、モノを買うというプロセスが楽しいのかもしれない。

気づくきっかけはどんなこと?

心にいつも不満がある。いつも「足りない」と思っている。その気持ちが問題なのかもしれない。モノを買っても置きっぱなし。買うという行動、それが自分を満たすのかも。

僕は、あれも食べたい、これも食べたい、と思うけれど、食べ過ぎるとお腹を壊すように、「ここで十分」というのを自分でみつけられるといいのかなって思います。

恋愛では、相手に求めすぎると相手が逃げていくそうです。求めるばかりでなく、自然と相手に何かしてあげたくなって、それで心が満たされるって、聞きました。

与えることによって満たされる―。まだまだその境地に行けなくて…。まだ自分にはできないので、まずは自分に与えようと思って時々おいしいもの食べます()。 惜しみなく与える――そんな人間になりたいなあ。

私は小さい時から我慢ばかり。甘え方、人に頼る仕方がわからなくて。人に頼りたいときは頼ってもいい、という気持ちがあれば、人にうまく伝えられるのかなぁ…。 

「回復とは何か。それは心を満たすことです」と聞きました。心を満たすとは、怒り、不安、見捨てられ不安、負の感情―それをどうにかすることなのかも。自分にそれが必要と思います。けれど、どのようにすればよいか、わからないでいます。

五体不満足の乙武さんは、幼い時から、気張らず、いじけず、周りの人に普通のこととして助けてもらっていたらしいです。周りもそれが当然だったそうです。一方通行じゃなくて相互に。それがお互いに満たされることなのかな、と思いました。

自分が本当に必要としているものがわからなくて、違うものを自分に与えているということがあるのではないのかな? 

足りないと思い続けると、足りない気持ちに集中してしまう。「今は足りないと思っているんだな~」と、ちょっとその気持ちを棚上げしておくといいのかな。

人間関係が満たされていない、と自分は思っている。人の中、社会の中で、わかっていくものなのかな。

私は、人に受け入れられている人がいいなと思っていて、自分は受け入れられていないと思っているけれど、客観的には自分も受け入れられているとわかることもあるんです。満たされているのに、満たされていないと思うところがあります。

自分の強迫性障害。常に完璧であらねばならない。一つでも得られないと、ダメだ―と落ち込む。例えば大掃除すると、全てをきれいにしようとして疲労こんぱいする。妥協できれば不全感も和らぐのに…。このテーマは自分の人生を象徴しているよう。こうして話している今も、完璧に話したいと思ってしまう。

完璧な人はいないのだから、自分との折り合いなんだろうな。

執着だなぁ。一つのことに欲しいと思うと、周りが見えなくなります。執着を手放す――。あきらめることは勇気がいる。でもそれが必要なんだなぁ。

自分も執着がすごく強くて、その執着していることから抜けるって、すごく難しい。執着―、こだわり―。

執着を悪い意味にとらない方がいいと思う。肯定的な意味では「熱中できる素晴らしさ」ですよね。両面があると思うんです。

「満たされる=充実している」と思っているから、結婚もしていない、何も持っていない、充実していないと思っている。でも、それは世間体。こうしてCaféに来て、自分の足元を見るようにしていたら、満たされていくのかな。

俺は自分が何かを作りたいと思っている。満たされるって言葉は、受動的でしょ。自分は能動的、積極的に創造する人間でありたいと思っている。それが、なかなか腰が重くてできないでいるとき、代わりに何かを欲しくなってしまう。

私は、体調を壊してお医者さんにかかったことで、自分が自分をケアすることから逃げていたんだな、自分をおろそかにしていたんだな、と気づいた。自分は満たされる価値のある人間なんだ。自分の思いを大切にしていいんだ。そういうことに、今、取り組んでいます。

感想

20代の頃は、仕事をしたいとか、彼氏がほしいとか、いろんな欲求があったけれど、30代になってあきらめがついた。そうしたら、気持ちが楽になった。仕事を焦って探さなくてもいいのかな…って、今はそんな感じです。

このテ―マ出すことに勇気がいった。欠点をさらけだすテーマでした。語らい場のみんなを信頼していたので出せました。

私の子供には障害があります。その子が就職したら、心が満たされて楽になるんだろうなと思いました。

私は欲望が強くて、煩悩のかたまり。モノばかり買って、お金なくなって、ヤバイ! それでも12年前に比べると自分は成長しているな、と思っています。

今日の語らい場は、純粋に楽しかった! 自分が自分を満たしている姿を想像したら楽しくなった。

きのう部屋を整理したら、毎月の目標を書いた紙が出てきた。今、当たり前に出来ていることが、去年の11月には出来ていなかったことに気づいた。今の自分は、昔の自分から見たら満たされているんだな~と、わかりました。

人と比べちゃって、自分は満たされないと思うこと多かったなあ。日々の生活が充実していれば、こういう感じはス―ッと消えてくのかな、と思いました。

私が家族に、あれしてもらってないな、と思い始めるとイヤな感じがするんです。その後で考え直すんです。他にやってもらっていることがあるな、と。そうしたらイヤな気持ちが全くしなくなるんです。不思議だなあ。面白いなあ。人と人との境界線がもてたら、満たされない思いがなくなるのかなあ。

いつも欠乏感に意識が向いていた。全体に上手くいっていることでも、足りなかった部分に目がいっていた。最近、意識の向け方を変えてみたら、力が抜けた。気楽にしたら、満たされた。

自分に足りないから頑張る、と思っていました。

モ―娘のツア―に通っていますが、はじめの頃は地蔵でした。最近ペンライト回せるように。やってみたら、えっ、こんなに楽しいの!?って。これまではオタ芸をする人を「ふん」と。でも自分もやってみた。やってみることって自分を満たすことなんだと発見! 



 つながる語らい場 第67回 

20131127








 


[PR]
by tsunagarukai | 2015-05-02 09:24